Hermès がバーキンをモチーフにした NFT の作成者に販売中止を求める

ファッション

Hermès がバーキンをモチーフにした NFT の作成者に販売中止を求める

これを受けてNFTプラットフォームは作品を削除

HERMES(エルメス)から2022年NEW、最新作のハンドバッグが入荷しました!
女性なら誰もが憧れるHERMESバーキン!!
カラーは、幅広い世代から大人気の「パールグレー」♪
見るたびにうっとりする上品なカラーです♪♪
素材には程良い柔らかさが特徴のトゴを使用!!
フォーマルスタイルには欠かせない人気のお素材です☆

〈Hermès(エルメス)〉が、メゾンを象徴するバッグ Birkin(バーキン)の商標権を侵害したとして、デジタルアーティストのMason Rothschild(メイソン・ロスチャイルド)に対して“Cease and desist letter(知的財産の侵害行為をやめるように警告する書面)”を送っていたことが明らかに。

2021年12月、招待制のショッピングプラットフォーム『Basic.Space』に出品されたMason RothschildとEric Ramirez(エリック・ラミレス)による“MetaBirkins(メタバーキン)”。さまざまな質感、カラーパレット、デザインを採用した100種におよぶバッグが並び、どの作品も〈Hermès〉のBirkinを彷彿とさせるシルエットが特徴的だ。

〈Hermès〉の警告を受け、Rothschildは自身の『Instagram』アカウントにて声明文を発表。作品そのものはアメリカ合衆国憲法修正第1条によって保護されているので、それらを踏みにじるのではなく、若手アーティストを支援していくことを促すコメントを残している。なお、現時点で本メゾンは、RothschildおよびMetaBirkinsに対して訴えは起こしていないとのこと。

【関連記事】:https://truxgo.net/profile/haerfdshop

0 thoughts on Hermès がバーキンをモチーフにした NFT の作成者に販売中止を求める

  1. その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

  2. コロナによって世界もライフスタイルも変化するなかで迎えた2022年。パートナーとして選ぶなら、強い力を秘め、永遠の輝きを放つダイヤモンドをあしらったジュエリーがおすすめです。

ストラダエスト」で買えるブランドとは へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です