ロレックス デイトナ・エル・プリメロ 16520 見かけは次世代の自社ムーブメントを搭載した116520と変わらないが、着けた感触の違いは明白。

ファッション

ロレックス デイトナ・エル・プリメロ 16520 見かけは次世代の自社ムーブメントを搭載した116520と変わらないが、着けた感触の違いは明白。

ロレックス デイトナ・エル・プリメロ 16520 見かけは次世代の自社ムーブメントを搭載した116520と変わらないが、着けた感触の違いは明白。

ロレックスもこのデザインにはかなり力を入れたのではないでしょうか?

そして自信を持っていたようにも思えます。

というのも、手巻きデイトナからこのデイトナ・エル・プリメロへのデザインチェンジはかなり豪快でしたが、その後に続く自社ムーブメントを搭載したデイトナへは、ほぼそのままデザインが受け継がれてしまったのです。

結果として、デイトナ・エル・プリメロとその後に続く自社ムーブメントを搭載したデイトナは、あまり詳しくない人が見るとその違いがわからないほど酷似した時計になってしまっています。

ただ、実際に実物を着け比べて見ると、その感触はやはり別の時計ですね。

一番顕著な違いが着けた時の感触の重さ・・・。

自社ムーブメントを搭載したデイトナ(116520)の場合、ブレスレットを構成しているコマの中身が詰まった無垢であり、しかも肉厚が増したクラスプを備えたブレスレットが本当にしっかりとしています。

高級感とも感じ取れるような重みがあるのですが・・・

デイトナ・エル・プリメロ(16520)の場合は、ブレスレットのコマの中身が空洞である中空ブレスレットなので、基本軽いんですよね。

そしてクラスプも板のようなペラペラ状態なので、自社ムーブメントデイトナとデイトナ・エル・プリメロでは、ブレスレットの重量の違いが本当に顕著なのです。

世間一般的な目で見れば、ブレスレットがしっかりしている116520の方が高評価なのでしょうが、ブレスレットが軽いデイトナ・エル・プリメロの方が着け心地が良く、ロレックスらしいという意見もあるため、好みが分かれるところです。

見かけの明らかな違いはやはり顔ですよね。

デイトナ・エル・プリメロ(16520)は秒針が9時の位置にあります。

そして3時、6時の位置にあるクロノグラフの積算計、そして9時の位置の秒針のインダイヤルの縁取りが、ほぼホワイトに近い無地なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です